2010年08月19日

ズートスーツ

ズートスーツの生い立ち。

かつてシカゴやニューヨーク摩天楼でギャングが華やかだった時代の黒人ジャズメンやメキシコ系アメリカ人(チカーノ)達のスタイル。華麗で華やかなスタイルはギャングのファッションにまでも影響を与えた。ズートスーツを最初に着るよぅになったのは、黒人やチカーノといった有色人種で奴隷的扱いを受けていた彼らは白人達が着ていた上品なスーツを白人に対する抵抗の意味も込め、より、派手なスーツスタイルにアレンジしズートスーツが生まれました。ズート(ZOOT)とは元々ジャズ用語で「掛け声」や「合いの手」といぅ意味。ズートスーツをこの世に広めたのがキャブキャロウェイで、当時、黒人が出演しているのに黒人は席に座れないといぅニューヨークハーレムのコットンクラブに楽団として出演しました。スキャット法といぅユニークなパフォーマンスで人気を博し、ラジオで生中継したことで人気は一層高まり、彼の功績はアメリカの放送ネットワークにおける人種の壁を打ち破ることに成功しました。

晩年、映画「ブルースブラザーズ」と「セサミストリート」に出演により再度注目を浴びることとなり映画で代表作「ミニーザムーチャ」を歌った。

ズートスーツは今でもメキシコ系やアフリカ系のアメリカ人の間では正装として着られている。

「ファッション的にも音楽的にも素晴らしい」

100819_zoot.jpg
posted by 田代まさし at 12:23 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。